骨肉腫を発症する原因とは?現在の研究で分かっている事

骨肉腫はなぜ起こる?

骨肉腫の原因としては、はっきりと解明されていないことが現状です。ここでは研究の中で骨肉腫を発症させる原因の可能性として挙げられている事象をご紹介します。

骨肉腫の原因

白衣とシート

がん抑制遺伝子の異常

骨肉腫が発生する経緯や原因について、はっきりと解明されているわけではないのが現状となっていますが、近年分かってきた情報によると、骨肉腫の発症にはがん抑制遺伝子に異常がみられることが関わっているということです。

フッ素

フッ素を摂取することによって、骨肉腫が発症する可能性が高まってしまうという研究が発表されています。フッ素は歯磨き粉などに含まれていることが有名であると思います。このフッ素は、元々身体に有害である物質とされています。しかし、歯磨き粉などに含まれているフッ素は微量であるため特に問題はないでしょう。

骨肉腫と診断されるものは

骨肉腫とはがん細胞が劇的に増えていき、他の細胞を破壊していくものを呼びます。このような異常が発生するのは、先天的な問題でがん抑制遺伝子が問題を抱えていると考えられています。

広告募集中