骨肉腫の初期症状を理解して早期発見を努めましょう

早期発見が大切

骨肉腫の初期症状は軽度な痛みであるため、成長痛や軽度な病気と勘違いしてしまうこともあります。骨肉腫は放置していると非常に危険であるために、早期発見と治療がとても大切です。

骨肉腫の症状とは

受付

多くは痛みである

骨肉腫で一般的に挙げられる症状としては、骨が痛むということです。初期症状としては歩いている時や走っているときなど足に負担がかかるような行動をとると、内部に軽い痛みを感じるようになります。

成長痛と間違えないように

運動を良くしているような場合ですと筋肉痛や、成長痛といったものと勘違いしてしまいがちです。骨肉腫が進行すると、足に負担をかけなくても骨に痛みを感じるようになります。

患部が熱をもつ

骨肉腫によって骨が破壊されてしまうために周辺が炎症を起こして腫れたり、熱を持ったりすることも特徴として挙げられます。

関節を曲げると痛みがある

骨肉腫は関節部分に発症しやすい病気です。そのため、曲げるといった動作を行うと痛みを感じます。こちらも腱鞘炎などと勘違いして早期発見を逃してしまう恐れがあるので注意しましょう。

広告募集中